サトカメスタイルが書籍になりました

サトーカメラ関連の書籍

   
   
   
断トツに勝つ人の地域一番化戦略 新たなマーケットはズバリこうつくれ! 商業経営コンサルタント サトーカメラ代表取締役専務 佐藤勝人 著 売るということは、人の心を分かるということである。 単なる接客の技術だけでは、お客様の心はわからない。 我々自身が人間というものを知り、成長していかなければ お客様を満足させることはできない。 私は「計画的にコツコツ」という人間ではありません。 小学生の頃から夏休みの宿題は最終日に一気に終わらすか、最初から宿題なんて提出しませんでした。だから、今さら「計画的にコツコツ」なんていう、そんな商売なんかする気もありません。 商売に例えるなら「早い」「安い」「うまい」という効率を追求する企業ばかりが素晴らしいと言われますが、坪効率、在庫回転率、労働生産性ばかりを追い求める、合理化をはるかに超えた世の中のセコい商売には、もううんざりしてます。 お客様に質素倹約を強いてまで慎ましく生きるセコい店より、大盤振る舞いの繁盛店のほうがお客様は大好きなんです。文化や芸術を楽しむ人間本来の姿を追求した「おもしろい!」「楽しい!」「もっといたい!」という店本来の形を求める時代になって来ました。 まずは自分にしかできない「自慢の商品」「自慢のサービス」「自慢の店」を地域のお客様の為につくろうではありませんか!  
   
 

中小店でも大手チェーン店を脅かす圧倒的な販売技術のすべてを大公開! 販売員にとって「売る力」とは、ズバリ「お客様の心を開くコミュニケーション力」のこと。
なかなか売れない販売員ほど、お客様の心を開かせることができていません。しかし、お客様が心を開いて自分のことを話してくだされば、おのずとお奨めすべき商品がわかり、どのようにお奨めすれば購入につながるかが手に取るように見えてきます。
◆お客様の心を開かせる接客術
◆接客を磨くための練習法
◆驚くほどバカ売れするためのヒント
◆ファンやリピーターを獲得する接客術 など、
圧倒的販売力を誇る著者が“バカ売れ販売術"の極意をはじめて明かす1冊です。

   
出版社からのコメント 佐藤勝人 サトーカメラ株式会社 代表取締役専務。 1964年、栃木県宇都宮市生まれ。 2000年には経営コンサルティング会社 「日本販売促進研究所」も設立し、 代表取締役を務める。 町の小さなカメラ店からスタートし、 栃木県内で18店舗にまで拡大。 大手の度重なる出店攻勢にもまったく屈せず、 来客リピート率80%、 利益率は驚異の40%を叩きだす その手腕はまたたく間に話題になる。 おちこぼれ社員たちを次々によみがえらせ、 いきいき働く社員に育てることも話題になり、 全国から大手企業の幹部、リーダーたちが 視察にやってくるようになる。 経営者、兼、経営コンサルタントして、 全国からセミナー、講演、研修の問い合わせも殺到中。  
 

今まで売れていたのに、急に商品が売れなくなった…接客につくと、お客様が離れていってしまう…「考えてくる」「検討してくる」と言ってすぐ帰ってしまう…お客様との会話がはずまず、クロージングまでいかない…お客様が怖くて接客できなくなってしまった…店長・先輩の言うことが素直に聞けない…「売れない」を乗り越えるヒントをわかりやすく解説する!壁は乗り越えられる!

 

今月号の巻頭特集は「注目ローカルチェーン サトーカメラ最強伝説」! 
一世帯当たりカメラ支出額全国一位を誇る栃木県。
その快挙は、宇都宮を拠点とするカメラ専門店チェーン「サトーカメラ」の存在を抜きには語れません。
県内に17店舗、県内カメラ販売シェア17年連続ナンバーワン、
業界17年連続北関東ナンバーワンのローカルチェーンの強さを分析します。

・異色、けれど納得対談 糸井重里(ほぼ日刊イトイ新聞)×佐藤勝人(サトーカメラ)
「日本でいちばん楽しそうな社員に「ほぼ日」のイトイさんが出会った」
・サトカメ一番店のここが見どころ、売れどころ


 

たった1枚のチラシがあなたの商売を一気に変える!
「集客商品」で見込み客を根こそぎとらえ、「主力商品」で販売シェアを一気に伸ばす! 
たった1枚のチラシで中小店が巨大チェーンに打ち勝つ、売れない時代の新・販促戦略を、 北関東No1カメラ店経営者であり、日本全国にファンを持つ"日本一のチラシプロデューサー"がアツく語る。 
商品選びからエリアマーケティング、売り場での活用、社内の情報共有、経営改善まで、 商品と現場を一体化させて地域一番店をめざそう! 
「マーケットは、われわれが想像している以上にまだまだ残っている。 
地域のお客様に価値を伝えていくことで、ターゲットとしていなかった新しい客層を掘り起こしていこう。

   

巷には、大手企業(店)をモデルや対象にした売上アップ法や経営論が溢れているが、全国の企業の97%は中小企業(店)。そんな中小店(企業)は、ただひたすら効率経営だけを追求する大手のやり方をただ真似しただけではうまく行くことはない。中小店はその店独自の"売り"を明確にし、それを売りまくることでしか活路を見出すことはできない----著者が、これまでの20年にわたるカメラチェーン店経営と日本全国の中小店への経営指導から編み出した、これからの中小店の生き残り策が明快に解き明かされている。 本当の意味の地域密着とは? 商売とは? サービスとは? 人材育成とは? 日々、気づき学び、人を育て続ける本物商人が熱く語る!

   
雑談ベタ、人見知りの 営業マンと販売員は 絶対に読んでください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 伝説のカメラ店の“販売の達人"が教える 「この人から買いたい」と思わせる27の鉄則とは? 来客リピート率80%、利益率40%を叩きだす、 伝説のカメラ小売チェーン「サトーカメラ」。 大企業のトップ営業マンが次々研修に訪れる サトカメの「販売の達人」が、 お客に100%好かれる方法を教えます。 口ベタでなかなか売れない…。 雑談が苦手で話が盛り上がらない…。 商品に特徴がなくて、うまく説明できない…。 そんな悩みを持つ営業マンや販売員に とっておきの1冊です。
   

きれいなチラシ、イメージだけのチラシではもう売れない!大手チェーンに対抗して勝ち残っていくためには、中小店、専門店としての強みを存分に発揮して、お客様にその存在を強烈にアピールしていかなければならない。そのための方法として、「得意商品」、「価格帯」、「地域」、「客層」ごとの一点突破のノウハウを具体的に解説する。元不良、ダメ店長だった著者が、独自のマーチャンダイジング論と売れるチラシづくりのセオリーを熱く語る。

   

実践で編み出した佐藤勝人流「一点集中」作戦であなたの店も必ず飛躍する。県内シェアNo.1が実証した中小企業の戦うノウハウ。

零細店から県内シェアNo.1企業になるまでの体験をつづった「実録物語編」と、「一転集中」作戦による「実践ノウハウ編」で構成。地域一番店づくりの全ノウハウと成功の法則を、具体的に解説する。

   

独自のチラシ活用法で、売上ゼロから年商50億円に育てた日本一のスーパー・チラシ・プロデューサーが書いた実践的チラシ活用法。小売業のほか、飲食業やサービス業などでも応用できる、「売り上げを伸ばし、会社を変える」ための究極のチラシ販促法。

独自のチラシ活用法で、カメラ専門店を売上ゼロから年商50億円に育てた著者。小売業のほか、飲食店・サービス業でも応用できる「売上を伸ばし、会社を変える」ための究極のチラシ販促法を公開。2002年刊の新装版。

   

 
お客様相談窓口及びお問い合わせ